お問合せ 申し込み書類一覧
トップ > ご高齢の方やその家族 > 介護サービス > 居宅介護支援事業

居宅介護支援事業

介護支援専門員(ケアマネジャー)が、介護保険のご利用を望むご本人やご家族の相談を受け、介護保険の申請※のお手伝いをいたします。
介護支援専門員(ケアマネジャー)がお宅にうかがい、ご本人、ご家族とお話し合いの上、居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成します。さらにご利用者とサービス事業者関係機関との連絡調整などを行います。このような介護サービス計画(ケアプラン)の作成と諸手続きのお手伝いや代行をするのが居宅介護支援事業所です。

※ 申請はご本人だけではなく、ケアマネ等に代行してもらうこともできます。
※ ケアプラン作成にかかわる料金は無料です。どうぞお気軽にご相談下さい。

居宅サービス計画書(ケアプラン)とは

在宅生活を継続するために、介護サービスを適切に利用できるよう、心身の状況や生活環境等から障害となる事項を把握し、生活の目標を実現するためにどのような内容のサービスが必要かを検討して、サービスの種類や利用回数を計画したものです。ご利用者とご家族と介護支援専門員が共同で作ります。

ケアマネージャーが一緒にケアプランを作成します

介護サービスは、介護認定を受けた方が対象のサービスです。各段階それぞれに合わせたサービスで生活機能の維持や改善を図ります。
居宅介護支援事業所のケアマネージャーに依頼し、ご利用になるサービス内容を具体的に盛り込んだ居宅サービス計画書(ケアプラン)を作成します。

ケアプラン作成の流れ

1.申請

介護サービスを利用して自立支援に向けた生活を希望する方は、市町の担当窓口に申請してください。

2.認定

介護認定審査会の審査結果にもとづいて「非該当」「要支援1・2」「要介護1〜5」までの区分に分けて認定され、その結果が通知されます。

3.居宅介護支援事業所を選定

ケアプランの作成を依頼して契約を行います。

4.ケアプランの原案を作成します

ご利用者・ご家族が主体的に参加
ご自分たちがおできになること、ならないことを明確にして必要なサービスとサービス事業者を選びます。

サービス担当者会議
ケアマネジャーが連絡・調整して、サービス担当者会議を開き、ご利用者やご家族とサービス事業者がサービスの内容を盛り込んだケアプラン(原案)について検討します。

5.ケアプランを決定し契約を行います。

サービスの種類、回数などを盛り込んだケアプランを作成し、ご同意をいただきます。

訪問介護や訪問看護などを行うサービス提供事業者とご契約いただきます。

6.在宅サービスをご利用いただきます

ケアプランにもとづいてサービスが開始されます。

—定期間ごとにサービスの効果を評価、プランを見直します。

お問い合わせ

Copyright © Yaizu-shakyo. All rights reserved.