お問合せ 申し込み書類一覧
トップ > ボランティア > 災害時ボランティア支援

災害時ボランティア支援

災害時ボランティアとはある地域において災害があったとき、そこで困っている人々を援助するために稼動している機能に対し、お手伝いしたいという志をもって、余力のある人が、報酬を求めず、自発的に行う活動を、災害ボランティア活動といいます。そして、その活動を行う人を、災害ボランティアといいます。 1995年に起こった阪神淡路大震災において、各地の災害における被災地(者)支援を目的とする災害ボランティア活動は、被災地復興に大きな役割と成果をあげました。 災害ボランティアは、職能によって医師や看護師、通訳等専門知識や技術を活用する専門職ボランティアと、その他の一般ボランティアに分けられます。

災害ボランティアコーディネーターとは

災害に遭って家が壊れてしまった、業者に頼みたくても来てくれない、当てにできる家族もいない。誰かに手伝ってほしいと思っているのに、どこにそんな人がいるのかわからない。このような被災者と、支援に訪れた災害ボランティア活動希望者、この二つの思いを結び付けるために生まれたのが、「災害ボランティアコーディネーター」です。
その中でも特に必要とされるのが「地元のことをよく知る災害ボランティアコーディネーター」であり、駆けつけたボランティアの善意が有効に活かされるよう、災害が発生した初期段階から速やかに支援が必要な人の把握を行い、どこに、どんなボランティアがどれくらい必要かを判断し、被災者の要望とボランティアの思いをつなぐ役割を担います。

焼津市災害ボランティア本部

焼津市災害ボランティア本部とは、被災者・ボランティア双方にとっての窓口機関であり、関係各方面と連絡・調整を行いながらボランティアによる支援体制を整える重要な拠点となります。

焼津市では、災害が発生したとき、その規模に応じて市に「災害対策本部」が設置されます。市の災害対策本部では、被害状況を把握する中で必要と判断した場合や全国から多数のボランティアが駆けつけた時に、市と社協が協議し「焼津市災害ボランティア本部」の設置を決定します。焼津市災害ボランティア本部は、ボランティア活動を支援する本部として被災地現場の活動拠点となります。
運営は焼津市社会福祉協議会と焼津市災害時ボランティアコーディネーターが協力して行います。

被災地では同センター以外に、避難所や被災地域すなわち被災現地そのもので活動にあたる団体等が個別のボランティアセンター的機能を有する場合がありますが、ここでいう焼津市災害ボランティア本部は、それらとは別に市町村レベルでの仲介・調整機能を指しています。

焼津市災害ボランティア本部の役割は?

1.情報収集と発信

災害対策本部(救援部一般ボランティア班)と連携し、被災市民やボランティアから情報を受け、活動情報として加工して外部に発信します。 同時に、生活情報の収集に努め、地域情報を区民に提供していきます。

2.災害ボランティアのコーディネート

・被災者(救援所や自宅生活者)からの相談を受付けます。
・ボランティアの受付、活動紹介・活動支援を行ないます。
・他のボランティア・NPOと連携・協働して支援活動を進めます。

設置場所や役割分担は?

1.焼津市災害ボランティア本部設置場所

焼津市災害ボランティア本部:焼津市総合福祉会館 ウエルシップ
サテライトセンター:焼津市大井川福祉センター ほほえみ

2.役割分担

焼津市災害ボランティア本部は、市職員・社協職員・災害時ボランティアコーディネーターが協力し、それぞれが決められた役割を担います。

① 市職員の役割

焼津市災害ボランティア本部が設置された際は、その活動を支援するために市職員が焼津市災害ボランティア本部に派遣されます。派遣された市職員は、主に災害救援ボランティアセンターの運営やボランティア活動に必要な資機材、情報等を確保するために、市災害対策本部との連絡調整にあたります。

② 社協職員の役割

社協職員は、焼津市災害ボランティア本部の中で、市職員や各ボランティア団体との連絡調整などの中心的な役割を担います。また、対外的な業務や金銭に関わる業務などの庶務全般を行います。

③ 災害時ボランティアコーディネーターの役割

災害時ボランティアコーディネーターは、焼津市災害ボランティア本部の運営の主力を担うとともに、ボランティアコーディネーターとしての業務を行います。

お問い合わせ

Copyright © Yaizu-shakyo. All rights reserved.